What's new

新着情報


 広島、呉の大和ミュージアムが終わったらすぐに京都・舞鶴赤れんがパーク内にて4/21〜5/31まで予定しておりました、水中写真展「群青の追憶」ですが、大和ミュージアムに続き、新型コロナウイルス拡大防止の観点から「延期」とさせていただく事になりました。


改めての開催時期に関しては調整してお伝えさせていただきます。


また、落ち着いたら舞鶴の地で出来ることを願っております。


〜舞鶴赤れんがパーク〜

旧海軍舞鶴鎮守府の開庁以降、舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫として、明治期から大正期にかけて建設された赤れんが建造物が、数多く残っている舞鶴市。なかでも北吸地区の赤れんが倉庫群は、全12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されるなど、わが国でも有数の歴史的価値の高い赤れんがの建築群です。


正直、今月から会場は平常運転となる感じで、吐きそうになるほど考えた上での決断ではありましたが、現在の状況を鑑み、延期か中止させていただくことが良いと判断しお伺いしたところ、延期を快く受入れていただきました。


関係各所には既にご連絡させていただいておりますが、

何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い致します。


《著者より》

 現在、巡回中の写真展「群青の追憶」図録として各会場にて頒布させていただいていた写真集ですが、 購入機会が限定的で、特に遠方の方などから通販して欲しいという要望が多く寄せられておりました。

写真展と図録を比べた方はお気づきかと思いますが、本写真展は解説が多く、自宅に帰ってもう一度ゆっくり見ていただけたらという著者の考えから、内容は写真展とほぼ同一であり、当初はご要望に対して大変心苦しくもお断りさせて頂いておりました。


そのような中で、写真展もありがたいことに開催を重ねるうちに展示パネル数も増え、掲載されていないものも増えましたので、 改めて写真集として頒布させていただく事になりました。


同時展開中の写真展「群青の追憶」では大型パネルでの展示もしております。

お近くで開催の際にはぜひお越しください。


購入はこちらから▶︎https://amzn.to/2UnHLXo


《内容紹介》 第二次世界大戦を起因とし、 現在も世界各地の海底に眠る 日本の艦船、 航空機、潜水艦に実際に潜り 撮影を続けた一人の写真家の記録。


《サイズ》

A4版 52ページ

《掲載艦船など》 ●ソロモン諸島(ガダルカナル島他) 九七式飛行艇 鬼怒川丸 宏川丸 伊号第一潜水艦 ●パプアニューギニア(ラバウル) 零式観測機 零式艦上戦闘機二一型 ●柱島 戦艦陸奥 ●ミクロネシア連邦(チューク) 一式陸上攻撃機(一式陸攻) 天山 彩雲 二式水上戦闘機 二式飛行艇(二式大艇) 富士川丸 平安丸 駆逐艦追風 伊号第一六九潜水艦 駆逐艦文月 桑港丸 愛國丸 りおでじゃねろ丸 清澄丸 神國丸 日豊丸 長野丸 伯耆丸 零式艦上戦闘機五二型 ●サイパン 松安丸 二式飛行艇(二式大艇) ●パラオ 零式艦上戦闘機二一型 零式三座水上偵察機 駆逐艦五月雨 石廊 ●グアム 東海丸 木津川丸 零式水上偵察機 九九式艦上爆撃機 ●フィリピン(コロン) おりんぴあ丸 秋津洲 伊良湖 ●沖縄 ESSエモンズ 九八式直接協同偵察機 他多数 ※amazon取り扱い分から第三版となり、原材料高騰により原価が上がり、写真展で購入するより高くなっております。ご了承ください。

© 2018 by WorldWar2Wrecks

当サイトのテキスト画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean