top of page

水中写真展「群青の追憶」筑波海軍航空隊記念館と鹿島海軍航空隊跡で開催のお知らせ

水中写真展「群青の追憶」令和5年7月22日(土)〜10月22日(日)まで、筑波海軍航空隊記念館(茨城県笠間市)及び、鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)(茨城県稲敷郡美浦村)の2会場で同時開催致します。


なお、鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)は長らく非公開だった国内最大級の史跡(旧海軍基地)で、写真展が開催される7月22日より一般公開となります。


<水中写真展 群青の追憶>

全国を巡回している本展において初の試みとなる2会場同時開催。実際の戦争遺構での展示となる今回、筑波海軍航空隊記念館では、”ビキニ環礁” 核実験と戦艦長門の今と題し、昭和21年7月にアメリカの核実験の標的艦としてビキニ環礁で最期を迎えることになった日本を代表する戦艦「長門」の現在の海底での姿や、記念館に寄贈された当時の長門のアルバムなどを展示。鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)においては旧庁舎において ”海底に眠る戦争遺産を追う”として、戸村裕行が10年以上かけて撮影した世界各地の海底に眠る艦船や、今年同行した水中の戦争遺産を水中文化遺産として遺そうとする試みといった最新の写真・取材内容も含め、解説と共にエリア別や時系列で両会場合わせて約450点の写真を70枚のパネルにまとめて展示いたします。



<写真展詳細>

戸村裕行 水中写真展

「群青の追憶」

日時:令和5年7月22日(土)~令和5年10月22日(日)

◉会場:筑波海軍航空隊記念館

〜”ビキニ環礁” 核実験と戦艦長門の今 〜

◉開館時間:9:00~17:00(最終入場16:00)

◉休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)年末年始(12/29~1/3)

◉入館料:

おとな(18歳以上) :500円

こども(小学生以上):300円

団体料金(20名以上)他、各種割引料金あり

※地下戦闘指揮所・零戦模型の見学は別途かかります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

住所:〒309-1717 茨城県笠間市旭町654(県立こころの医療センター敷地内)

電話:0296-73-5777

公式サイト:https://p-ibaraki.com/


◉会場:鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)

〜海底に眠る戦争遺産を追う〜

◉開園時間:毎週土・日のみ 9:00~17:00(最終入園15:00)

◉休園日:平日・年末年始(12/29~1/3)

◉入園料:

おとな(18歳以上) :800円

こども(小学生以上):300円

団体料金(20名以上)あり

住所:〒300-0402 茨城県稲敷郡美浦村大山2041-8

電話:090-5679-9690


◉戸村裕行在廊日:

筑波海軍航空隊記念館 7/22(土) 鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)7/23(日)

※他の在廊日は公式サイトやSNSなどでお伝えいたします。


◉共催:

筑波海軍航空隊記念館

鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)


◉後援:

笠間市 笠間市教育委員会

公益財団法人 水交会

産経新聞社

美浦村 美浦村教育委員会


◉機材協力:

株式会社イノン

株式会社フィッシュアイ

株式会社モビーディック

HEADJapan株式会社 mares事業部

StreamTrail


◉技術協力:

SDI/TDI/ERDI(ダイビング指導団体)

※あいうえお順


【展示される地域・主な艦船、航空機】

▶️筑波海軍航空隊記念館

マーシャル諸島(ビキニ環礁)

戦艦長門・米航空母艦サラトガ・独重巡洋艦プリンツオイゲン・軽巡洋艦酒匂

▶️鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)

インドネシア(マノクワリ・ゴロンタロほか)、北マリアナ諸島(サイパン島・ロタ島)、グアム、ソロモン諸島(ガダルカナル島・ギゾ島・ツラギ島・ニュージョージア島)、パプアニューギニア(ラバウル)、パラオ、フィリピン(コロン湾)、ミクロネシア連邦(チューク州/旧名トラック諸島)小笠原諸島(東京都)、古宇利島(沖縄県)、種子島・徳之島・屋久島(鹿児島県)、柱島(山口県)

戦艦陸奥・駆逐艦追風・駆逐艦菊月・駆逐艦五月雨・駆逐艦文月・米掃海駆逐艦エモンズ・給糧艦伊良湖・水上機母艦秋津洲・特設潜水母艦平安丸・特設航空機運搬艦富士川丸・輸送船鬼怒川丸・九七式飛行艇・九八式直接協同偵察機(特攻機)・零式艦上戦闘機五二乙型・零式艦上戦闘機二一型・零式水上偵察機・一式陸上攻撃機・天山・彩雲・二式水上戦闘機・二式飛行艇・伊号第一潜水艦 ほか多数

●筑波海軍航空隊記念館

筑波海軍航空隊は1934年、霞ヶ浦航空隊友部分遣隊として開隊。1938年に独立、筑波海軍航空隊となる。戦闘機などの操縦訓練を行う海軍の練習航空隊であった。2013年、公開された映画『永遠の0』の物語上の舞台、撮影地として注目が集まり、現存する海軍航空隊司令部庁舎内を、関連資料の展示と共に期間限定公開。 2018年、筑波海軍航空隊関連資料などを展示する展示館を旧司令部庁舎に併設。市の指定管理を受け記念館事業を開始。

●鹿島海軍航空隊跡(大山湖畔公園)

茨城県の霞ケ浦の南側湖岸にある美浦村に存在した鹿島海軍航空隊は1938年に水上機の練習航空隊として発足。練習航空隊は実際の飛行訓練を行う航空隊で、予科練(海軍飛行予科練習部)などの基礎教程を修了した飛行練習生たちが、連日厳しい訓練に励んでいた。終戦後、旧庁舎は病院などに利用され閉院後は放置状態にあったところ、史跡として遺す為に2022年「筑波海軍航空隊記念館」の指定管理業務を受託する「プロジェクト茨城」によってクラウドファンディングが実施され目標額を達成。2023年7月22日(土)より一般公開開始。


▶️廃墟と化した日本有数の戦争史跡「鹿島海軍航空隊跡地」今こそ公開へ。

クラウドファンディング詳細


茨城でも笠間と美浦は車で60分ほどの距離となり、近いとは言えませんが、

ぜひ戦跡巡りや茨城観光を兼ねて、皆さまにお越しいただけたらと思っております。

在廊日も設定しております。宜しくお願いいたします!


Comments


bottom of page