「群青の追憶」福岡・大刀洗で開催

最終更新: 3月30日

世界各地の海底に眠る戦争遺産を潜り、撮影し続けた写真家の記録

「群青の追憶」筑前町立大刀洗平和記念館で開催


 OCEAN PLANET(代表:水中写真家・戸村裕行)は、世界の海底に眠る日本の艦船、航空機、潜水艦といった過去の戦争遺産を撮影した水中写真展『群青の追憶』~海底に眠る戦争遺産を追う~を、筑前町立大刀洗平和記念館(福岡県朝倉郡筑前町)にて令和3年4月3日(土)~7月25日(日)まで開催致します。

 

 写真展「群青の追憶」で展示されている沖縄・古宇利島沖に眠る米駆逐艦エモンズ。そのエモンズに特攻出撃し、現在もすぐ近くに眠っている「九八式直接協同偵察機」は、大刀洗陸軍飛行学校の教官や助教で編成された誠飛行隊の搭乗機でした。

そのようなご縁から今回、写真展が実現いたしました。2021年3月に撮影された最新のエモンズと九八式直協の写真も展示する予定です。お近くの方は、ぜひお越しください。


◉会期

令和3年4/3[土]~7/25[日]

◉観覧時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) ◉場所

筑前町立大刀洗平和記念館

〒838-0814 福岡県朝倉郡筑前町高田2561-1 TEL.0946-23-1227 http://tachiarai-heiwa.jp ◉入館料

大人=600円 高校生=500円 小中学生=400円

※15名様以上団体割引各100円引き ※障がい者割引あり 共催= 筑前町立大刀洗平和記念館 協力=OMデジタルソリューションズ株式会社

後援=公益財団法人 水交会


水中写真家 戸村裕行 ギャラリートーク開催 令和3年 4/3[土] 午後2時~(約60分)

筑前町立大刀洗平和記念館 新館・多目的室にて


ギャラリートークについて 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から

会場は展示室ではなく、 新館・多目的室で行います。 定員 60名様 会場 筑前町立大刀洗平和記念館 新館・多目的室

※参加費は無料ですが、入館料は必要です

※事前予約が必要です(申込先着順・定員になり次第締切)。 電話、FAX、メールいずれかの方法でお申し込みください。 その際、代表者の方のお名前と参加人数、電話番号をお伝えください。

※座席は主催者側で指定させていただきます。

※都合により変更や中止となる場合がございます。

© 2018 by WorldWar2Wrecks 当サイトのテキスト画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean